リフォームを考えるきっかけ

今お住まいの家について、お悩みやご不満はございませんか?そんなお悩みやご不満を解消する最適なリフォームを、弊社ではご提案させていただきます。

年数が経てば、古くなります

建物である以上、経年による劣化は避けて通れません。
そのまま放置しておけば、建物だけではなく、住んでいる家族にも様々な影響が出てきます。
考えられる、建物の劣化といえば…

雨漏り

屋根からだけではなく、窓廻りからも発生するケースがあります。
放置してしまうと、壁や天井の内装を痛めてしまうだけではなく、雨などの水分で柱や梁などの構造材を腐食を招き、耐震性にも影響が出てしまいます。
また、湿ってしまった断熱材は本来の性能を失い、家の快適性能にも悪い影響を与えてしまいます。

外壁の劣化

モルタルであれば、クラック(ヒビ割れ)が代表的です。最初は髪の毛ほどだったものから、年数が経てば、かなり大きくなってしまいます。クラックは壁体内に水分を入り込ませ、柱を腐食させてしまう恐れもあります。
サイディングであれば、表面の塗装や継目のコーキングの状況が挙げられます。
表面に触れて、細かい粉のようなものが出ていたら、張替か塗装のサインです。また、コーキングは、ところどころに亀裂や表面にツヤがなくなってきたら、打ち直しのサインです。

家族やライフスタイルの変化

親との同居や出産、また、子どもの独立など、年数が経てば、家族構成にも変化していきます。
最近では、リノベーションという形態も多くなってきて、「家をなおす」ことが注目されています。
その家族構成の変化に対応したリフォームといえば…

増築

部屋の数を増やしたり、現状の部屋のサイズを大きくしたりします。
弊社では、家族構成はもちろん、リフォーム後の暮らし方もよくお伺いしながら、ベストなプランをご提案させていただきます。

減築

あまり見られないケースですが、現状のサイズでは使い余してしまっている場合、使い勝手をよくするために、あえて部屋数を減らしたり、部屋のサイズを小さくします。

部屋を減らして、広々空間

増築・減築まではしなくても、今のままで広々使いたい…特にリビングや収納スペースなどに要望が多いところです。
弊社では、現状を確認させていただいた上で、リフォーム後の生活をイメージしながら、ピッタリのプランをご提案させていただきます。

お年寄りにも優しく

今や、バリアフリーは当たり前のものとなってきていますが、ただ「段差をなくす」だけが、本当のバリアフリーではありません。
段差以外にも様々なリフォームが考えられます。

移動や作業をラクに

足腰が弱くなってしまうと、家の中とはいえ、移動は大変な作業になります。
そこで、玄関や廊下などの移動スペースはもちろん、洗面所や浴室、トイレなどに手摺を設置することで、少しでも移動などの労力を軽減しましょう。

浴室・トイレの改修

上記の手摺だけではなく、介護が必要な場合には、介護者の作業スペース確保のため、現状では狭いケースもございます。
まずは、現状の不便な点をお聞かせください。弊社では、そういったお声をお伺いした上で、お住まいの方に合ったプランをご提案させていただきます。

お問い合わせ

お問い合わせの際は、「ホームページを見ました」とおっしゃってください。
煩わしい売り込み等は一切いたしませんので、お気軽にお問い合わせください。

TEL:011-888-8989
サイトからのお問い合わせはコチラから
Copyright© 2015 KOUKEN CO.,LTD All Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com
ページトップへ移動